カテゴリー
Git GitHub GitHub Desktop プログラミング

GitHub DesktopでPushを取り消す-その1-Revert編

Pushしてしまった時は・・・

前回、GitHub Desktopでコミットを取り消す
でコミットを取り消しましたが、Pushした後はどのような手順になるか試してみました。

今回のケースでは、Push後ということで、他の誰かがPullしている事もあります。
そこでローカルをRevertしてPushする事にします。

Pushの履歴自体をなかった事にする方法は下記を参照してください。
GitHub DesktopでPushを取り消す-その2-Reset編

現在の状態

ローカルに1~3のコミットがあります。

GitHubにも1~3のコミットがPush済みです。

今回はコミット2~3を取り消してコミット1だけの状態としていきます。

ローカルをRevertする

コミット2・3をRevertします。
まず、コミット3を右クリックして”Revert this Commit”を選択します。

コミット2も同じくRevertします。

Revert2・3の履歴が残り、現在1のみコミットされている状態となりました。

リモートにPushする

リモートにPushします。

GitHub上でRevert2・3が反映されました。
結果コミット1のみが反映された状態となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です