カテゴリー
AWS FSx for Windows

AWS FSx for Windowsでファイルサーバーの構築

設定

Amazon FSxサービスメニューから、「Create file system」をクリックします。

“Amazon FSx for Windows File Server”を選択します。

File system details

[File system name]:ファイルシステム名を入力
[Deplayment type]:今回はSingle A-Z構成としました
[Storage type]:HDDを選択します
[Storage Capacity]:最低の2000GiBとしました

Network & security

[Virtual Private Cloud]:vpcを選択します
[VPC Security Groups]:セキュリティーグループを選択します
[Subnet]:サブネットを選択します

今回はAWSのDirectory Serviceを使用してますので、下記リンクを参考にポートを許可しております。

Amazon FSx を Microsoft Active Directory (Enterprise Edition) 用の AWS Directory Service に使用する

インバウンド

  • TCP 445(SMB Client)
  • TCP 5985(Administrator)

アウトバウンド

  • TCP/UDP 53(DNS Server)
  • TCP/UDP 88(Domain Controller)
  • UDP 123(Domain Controller)
  • TCP 135(Domain Controller)
  • TCP/UDP 389(Domain Controller)
  • TCP 445(Domain Controller)
  • TCP/UDP 464(Domain Controller)
  • TCP 636(Domain Controller)
  • TCP 3268(Domain Controller)
  • TCP 3269(Domain Controller)
  • TCP 9389(Domain Controller)
  • TCP 49152-65535(Domain Controller)

Windows Authentication

今回はAWS Directory Serviceを使用しているので、
AWS Maneged Microsoft Active Directoryを選択して、Directoryを選択しました。

しばらく時間がかかりましたが、作成されました。
DNS名を確認します。
作成されたFile Systemを選択して、Actionsドロップダウンから”View details”を選択します。

DNS nameをコピーします。

確認

Work SpacesのVDIからアクセスしてみます。
\\[DNS name]

shareフォルダが表示されファイルサーバーに接続できました。

追記

FSx for Windowでファイルサーバーを構築したらすべきことをまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です