カテゴリー
Athena AWS S3

AWS S3のオブジェクトレベルのログをAthenaで解析

経緯

CloudTrailやS3のアクセスログは細かく分割されているので大量のファイルを1つずつファイルを開いて解析することは困難です。

そこで今回はAthenaを使ってCloudTrailのログをテーブル化してqueryをつかって解析していきたいと思います。

設定

Athenaテーブルの作成

CloudTrailサービスより”イベント履歴”を選択し、「Athenaテーブル作成」をクリック

CloudTrailのログの保存場所を選択してテーブルを作成します。

テーブルが作成されました。リンクをクリックしてAthenaサービスへ移動します。

Athenaのクエリー結果を保存するバケットを設定

初めてAthenaを使用するときは、クエリー結果を保存するS3バケットが選択されていないのでエラーとなります。

”set up a query result location in Amazon S3”のリンクをクリックします。(もしくは”Settings”のメニューをクリック)

クエリ結果を保存するバケットを指定します。
(なければS3バケットをAthenaと同じリージョンで作成してください)

クエリーを実行します。

[Query editor]タブを選択して、クエリーを記述し「Run queryボタン」をクリックします。
今回は、特定日のユーザーichiroの操作履歴を抽出しました。

数秒で結果が表示されました。

AWSサイトに簡単なサンプルクエリーのページがあったので、下記に記載しておきます。

AWS CloudTrail ログ検索をするために Amazon Athena のテーブルを自動的に作成する方法を教えてください。

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/athena-tables-search-cloudtrail-logs/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です