カテゴリー
AWS EC2

AWS EC2のメンテナンスによる再起動

はじめに

EC2インスタンスはAWS側でのパッチやアップデートを適用する為に再起動のイベントが予定されます。

そのイベントはメールおよびコンソールにて確認できます。

イベントのスケジュールは変更可能です。

EC2インスタンスはセキュリティ、信頼性、運用上のパフォーマンスを高めるために、アップグレードの適用が必要となる場合があります。

https://aws.amazon.com/jp/maintenance-help/

再起動の種類

再起動には、

  • インスタンス(OS)の再起動
  • システムの再起動(インスタンスをホストしている物理サーバー)

があります。

インスタンスのライフサイクル

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-lifecycle.html#lifecycle-differences

予定されたイベントのタイプ

予定されたイベントのタイプには下記があります。

  • インスタンスの停止
  • インスタンスのリタイア
  • インスタンスの再起動
  • システムの再起動
  • システムメンテナンス

インスタンスの予定されたイベント

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/monitoring-instances-status-check_sched.html

本番環境での運用

本番環境ではEC2インスタンスの再起動で数分停止する事が許されないケースがあります。

そのような時は予定された再起動期間より前に計画的に前もって実施することができます。

例えばロードバランサー配下のターゲットの2台のEC2が再起動のイベントが予定された時に、

  • ターゲットを順番に再起動する
  • ターゲットを一時的に2台増やして古いEC2をターゲットから外してterminateする。

等の措置がとれるかと思います。

最後に

単一障害点を作らない、ステートレスな環境を構築する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です