カテゴリー
AWS Organizations Security Hub

AWS Security HubをOrganizationsで使用する

Security Hubとは

大きく分けて次の2つの機能があります。

  • CIS AWS Foundations BenchmarkやPCI DSSの基準に沿ったコンプライアンスチェック
  • 各サービスのアラート一元管理(下記参照)

また、”各サービスのアラート”は下記が対象となります。

  • GuardDuty
  • Macie
  • Inspector
  • Firewall Manager
  • IAM Access Analyzer
  • サードパーティーのセキュリティーサービス

Configを有効にすることが必須となりますので、事前に有効にしてください。

設定

Organizationsのルートアカウントでの設定

OrganizationsのルートアカウントでSecurity Hubを有効にします。

作成後、[設定]-[一般]の[委任された管理者]項目に委任するアカウントを入力して「委任」ボタンをクリックします。

委任先のアカウントでの設定

Security Hubサービスで、”このリージョンで組織の Security Hub を有効にする”の「有効化」ボタンを押します。

この設定をすると、今後新規で追加されたアカウントに対しても有効となります。

[設定]-[アカウント]で確認すると、Typeが”Via AWS Organizations”、Statusが”Enabled”となっておりました。

確認

[セキュリティー基準]-[AWS 基礎セキュリティのベストプラクティス v1.0.0]のスコアは80%となっておりました。

「結果を表示する」をクリックして内容を確認します。

ここではコントロール単位でステータスが表示されます。

内容を選択して、「無効化」ボタンを押すことで、コントロール単位でチェック対象外とすることができます。

次にエラー内容のリンクをクリックします。

すると、コントロール内の項目が表示されます。

項目を選択して、”抑制済み”をクリックする事でコントロール内の一部の項目のみをチェック対象外とすることができます。

コンソールのコントロールステータス画面(コントロール詳細)ではステータスは24時間以内に更新されるのですが、調査結果の画面は90日間更新されなくなった場合に削除されますので、例えば無効に変更したとしても、反映までに(結果が削除されるまでに)かなり時間が要する事となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です