カテゴリー
AWS EC2 Run Command System Manager(SSM)

AWS RDP(リモートデスクトップ)でネットワークレベル認証エラーになる

経緯

ドメイン環境内のwindowsのEC2にRDPで接続した際に下記のエラーが発生したので、その対処の記録です。

【エラーメッセージ】
接続しようとしているリモートコンピュータにはネットワークレベル認証 (NLA) が必要ですが、Windows ドメインコントローラーに接続して NLA を実行することはできません。リモートコンピュータの管理者である場合、[システムプロパティ] ダイアログボックスの リモート タブのオプションを使用して NLA を無効にできます。

対処方法

下記のサイトを参考にしました。

RDP を使用して EC2 Windows インスタンスに接続する際の認証エラーをトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/ec2-windows-rdp-authentication-errors/

RDPの設定でネットワークレイヤー認証 (NLA) が有効になっている状態で、接続しようとしているEC2とドメインコントローラーとの信頼関係が失われていると今回のエラーとなるようです。

今回は上記のリンク先の

”システムマネージャを使用して NLA を無効にする AWS-RunPowerShellScript ドキュメント”

の方法で対処していこうと思います。

設定

SystemManagerサービス-[Run Command]から「Run command」ボタンをクリックします。

【コマンドの実行】
[コマンドドキュメント]:AWS-RunPowerShellScript

コマンドパラメーターに下記のコマンドを入力しました。

reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp" /v SecurityLayer /t REG_DWORD /d 0 /f
reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp" /v UserAuthentication /t REG_DWORD /d 0 /f
reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp" /v fAllowSecProtocolNegotiation /t REG_DWORD /d 0 /f

【ターゲット】
[ターゲット]:”インスタンスを手動で選択する”を選択して、該当のインスタンスを選択しました。

実行後、すぐに完了しました。(ステータスが変わらない時は更新ボタンを押してください。)

完了後、EC2インスタンスを再起動します。

確認

これで、 ネットワークレイヤー認証 (NLA)の設定が無効にできましたので、RDPで接続してみると・・・

RDPは接続できたのですが、windowsにログインできません・・・・・・想定内です。

ローカルでログインして、ドメインの信頼関係を修復していきます。

管理者権限でPowerShellを起動して、下記コマンドを実行して、セキュアチャンネルを修復します。
(adminの部分はドメインの管理者のユーザー名を入力します。)

コマンド実行後、パスワード入力のダイアログが表示されるので、ドメイン管理者のパスワードを入力します。

Test-ComputerSecureChannel -credential admin -repair

一旦ログオフ後、無事ドメインにログインする事ができました。

ネットワークレベル認証が必須要件の時は、再度有効にする必要がありますが、今回は必要ないのでこのままとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です